グダ飯「コーヒー」

グダ飯

 とりあえず眠い朝には「コーヒー」だけ!なんてことが私はしょっちゅうあります。目が覚めた・・・気がするだけで最近あまりその効果を感じないカナヤスは「コーヒーの効果」について調べてみました。

コーヒーはヤル気を出させる

 カフェインが含まれるコーヒーには交感神経を優位にさせる働きがあります。交感神経アドレナリンを出してくれるのでヤル気もアップします。頭の回転率や集中力も高まります

 コーヒーを飲むベストな時間

 私は朝が苦手なので、起きてもすぐには動けません。キッチンに立って、とりあえずインスタントコーヒーを飲みながら朝食を作ることもしばしばあります。これで少しは眠気が覚めるはず♪と思っていましたが、この朝の一杯がより眠気を増やしていたのかもしれません。

 人の体内では毎日たくさんのホルモンが分泌されています。その中の「コルチゾール」は朝の身体の覚醒や眠気に大きく関わっているホルモンです。朝の6時から朝の9時頃にかけ分泌量が増えていきます。コルチゾールが分泌されることで、身体の覚醒やヤル気がおこるのです。

 しかし、このコルチゾールが分泌されている間にコーヒーを飲んでしまうとコルチゾールが抑制されてしいまい、なかなか目が覚めない状態に・・・この朝の一杯を続けていると、ますますコルチゾールが抑制され、カフェインに対する耐性がつく恐れもあります。私が毎朝やってたのはまさにコレ・・・永遠に覚醒しないやつです。朝の時間に加えて、コルチゾールは昼12時、夕方5時頃にも分泌量は変化します。

 コーヒーは早朝やお昼、夕方以降の時間を避けて飲むのがベストです。

コーヒーの脂肪燃焼効果

 コーヒーを飲んだあとに運動をすればといつもよりも代謝がいい!

 カフェインの成分が、コーヒーを飲んで30分から1時間ぐらい体脂肪の分解を促進します。そして、血液中に遊離脂肪酸として放出されますが、放出された脂肪酸は消費しなければ再度蓄積されてしまいます。

 浅煎りコーヒーはクロロゲン酸がたっぷり!

 コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には、コレステロールを抑制したり、糖分の吸収を遅らせる作用があります。とくに浅煎りと呼ばれる「ライトロースト」「シナモンロースト」にはクロロゲン酸がたっぷりと含まれています。焙煎度が浅いため、香りやコクは少なく酸味の強い味わいです。

コメント